ご無沙汰です

先日、内田百閒の冥途を読んでいる時、もう何件目かわからない仕事のキャンセル電話を頂きました。

このままですと、内田百閒ならぬキャンセル百件で冥途に逝けそうです。

 

ただキャンセルの電話をかけて下さる方々が一様に、着信メロディーから既に滲み出るほど恐縮の極みといった雰囲気なので、かえって気の毒になります。

先日も「すみません。大変申し上げにくいのですが・・・」と地下3階から通風孔を伝わって、かすかに聞こえてくるような声量で、イベント中止のご連絡を下さったのですが、あまりのトーンの低さに「申し上げにくいのですが」の辺りで「まさかこやつ、女房との不義密通の告白をするのではあるまいか⁉」と身構えるも、その後イベント中止の話と判りいささか拍子抜けしました。

それくらい我々の世界では今、仕事のキャンセル連絡が時候の挨拶と同義になるほどの茶飯事になっております。

 

ですが、先ほど冥途云々と、一寸先は闇どころか三寸後ろまで闇の様な危殆な表現をして苦境を嘆きましたが、正直なんとでもなるもんですので、遠慮なく中止の旨、キャンセルの旨はお伝えください。

また、これも先刻「このままだとキャンセル百件で・・・」と言いましたが、百件キャンセルされるほど仕事がないにも関わらず、内田百閒と百件を掛けたいがため、そしていささかの見栄から、あたかもスケジュールがびっしりだったかのように誇張してしまったことをお詫びします。

 

今、この事態で僕が不安なのは、自分の状況で生きづらさを感じている事ではなく、世の中の閉塞感に包まれて、気が付けば活力が減退している。つまり、生殺与奪の権が自分の手の届かないところにあるような現状に恐怖を覚えるのです。

かつて随分と悩まされ、結果、睡眠障害になった起床時に押し寄せる今日一日に対する漠然とした憂いと、既に一日のスタート地点から背負わされている脱力感、これに近いものが最近あったのですが、やはり頼もしいのが瞑想でした。

 

僕は朝70分の瞑想をするのですが、瞑想後、起床時の引きずり込まれるような倦怠や無力感が、万能感に変わる!とまでは言えませんが、随分とスッキリ!気強い心持ちになります。

身体に電池を入れるような感じでしょうか。また、明晰さも得ることで、様々な感情の取捨選択が出来、焦点が定まるような感覚にもなります。

 

瞑想は最終的に自己と他者、万象、万物との繋がりを目指すものなのかもしれませんが、先ずはしっかりと自分の幸せの形に気付かせてくれます。

今、もしかすると、世界が一丸となり支えあって生きていこう!!!という流れの中、利他的な思いになれず、この風潮に疎ましさを覚える方もいるのではないでしょうか?自分は卑しい人間なのだろうか?世の中が平時に戻った時、自己の嫌悪感のみが残るのだろうかと、転がり落ちる絶望感だけが確かなものとして鮮明になる。けれども今回の状況においてだけではなく、世界の雰囲気との乖離を覚えるのは、冷酷、酷薄な人柄だからではなく、精一杯足踏みをし、足元を見つめ、踏み固めている自分にとても誠実な状態なのではないかと思います。

足元がおぼつかなければ何も背負えません。

先ずは自分自身を支えなければ。それが延いては利他的な行為へと繋がっていくのだろう。しかもそれは、意識せずとも時が至れば自然とそうなっているであろうという安心感も瞑想は与えてくれます。

今この瞬間の意味に気付かせてくれます。

 

この状況ですから、お集り頂いての瞑想会は、まだ暫く難しいと思いますが、またいつかみなさんとパワーの交換が出来る日を楽しみにしております。

 

 

最後に、随分前に行ってきた月形町にある高田書店さんです。とても味のある本屋さんでした。

 

 

小説は殆ど置いていないのですが、本屋大賞のノミネート作が何冊か置いてあり、本屋さんとしてのプライドを感じました。

因みに鬼滅の刃を買いました。もし二巻以降買うことがあれば、必ず高田書店で買おうと思います。

 

早いとこ田舎の本屋さん巡りを再開したいです。

 

最近はルーティンが決まり、午前中は仕事関係に時間を使い、午後から読書をしながら地方競馬観戦、夜は映画を一本観て、寝るまで読書となっています。

ここに先日楽しかったオンライン瞑想会を二週に一回ほど入れようと思っているので楽しみです。

 

お身体ご自愛下さい。

お ま け

 

かみさんです。

家で過ごす時間が増えた方も多いと思いますが、UMAくんUMAちゃんもお家時間を穏やかに過ごしています♪

私は「ゆーまくんゆーまちゃんゲーム」の歌声が、頭にこびりついて離れず困っています・・・(^-^;

 

まだ暫く不安と制限のある生活が続きそうですが、良く効く薬が使える様になったり、ワクチンが接種出来る様になり、また安心な日常を送れる日が一日も早く来ることを願っています。

それまで、お互いが気を付けて、出来ることをしていきましょう!

 

オンライン瞑想会は、これまでにトーク&瞑想会に2回以上参加して頂いた事のある方が対象になっております。

また集まっての瞑想会が出来る様になりましたら、是非、みなさんのご参加お待ちしてます!