人間の可否

あけましておめでとうございます。

昨年秋より再開しましたブログ、今年は月一ペースを何とか守ろうと思っておりますので、何卒更新の際にはお付き合いよろしくお願いいたします。

 

前回は、八方除けの祈祷に2020年二度目の参拝となった寒川神社についてのお話をさせて頂きましたが、今回はその翌日に参拝した関東屈指のパワースポット、埼玉県秩父市にある三峯神社のお話をチラリとさせて頂きます。

 

寒川神社からレトロ自販機が並ぶ中古タイヤ市場相模原店に立ち寄り、前乗りで秩父市に着いた頃には、もう辺りは真っ暗。ポツンと明かりが灯る本屋さんも、キツネに化かされるんじゃないか?買った本をホテルに持ち帰ってみると、馬糞になっているんじゃないか?と入店を躊躇してしまうほど霊異な雰囲気を醸し出していました。

因みにこちらの小石川書店では、人間失格の伊藤潤二漫画版を買いました。

その日の午前中には、八方除け、翌日には三峯神社で祐気採りとポジティブな旅のさなかに人間失格を講う、この緩急自在のマインドトリックスター!我ながら惚れ惚れしてしまう陰陽渾然とした生き様です。

男であれば人生一度は読み「バレてる!」と、誰も気にも留めていない卑小な我が本質の露見に慄然とする小説版原作の読後感とは違い、客観的にストーリーを楽しめる構成になっていたので、もしまだ人間失格を読んでいない方は漫画版から読み、その後小説へ進むと心臓への負担も軽減されるかと思います。

 

さあ、人間合格を目指すべく、三峯神社に向けて翌朝早々にホテルを出発。良き一日を予感させる見事な青空が広がっていました。

秩父市の中心部から車で一時間程のところにある三峯神社は、全国から多くの方が訪れる国内でも屈指の人気パワースポット。多くの神社が地相、風水的に素晴らしい場所にありますが、その中でも三峯神社はトップクラスの立地です!

三峰の由来となった雲取山、白岩山、妙法ヶ岳が美しく連なり龍脈を築き、それがとぐろを巻くような覆地金甌格(ふくちきんおうかく)という構造になることで、絶大なパワーを生み出しています。

 

到着して先ずは、創建した日本武尊像にご挨拶と奥宮までの道中の無事を祈願しました。

 

奥宮まではおよそ一時間の軽登山なると、登頂歴のある知人に聞いていたので登山靴に履き替え、一つ目の鳥居をくぐりました。

その際、鳥居の横に杖代わりにと置かれていた木の枝を借りてのスタートです。

 

本来であれば多くの方で賑わう登山道ですが、まだまだ暖かく天気の良い晩秋の関東とは言っても、標高1000mほどの山中ですからかなりの冷え込み。この時期になると人影もまばら・・・どころかこの時は奥宮までの道中、なんと誰ともすれ違いませんでした。

鳥の鳴き声や虫の音すら無く、聞こえるのは自分の足音と息づかいのみ。この静謐な状況やひんやりとした空気がより一層幽幻さを醸し出しています。

 

登山口から奥宮まで四つある鳥居のうちの二つ目の鳥居です。

 

 

木々の合間から見える山なみ

この山々の各所に龍穴(パワースポット)があります。そのパワーをふんだんに吸収できるからでしょうか?思ったほど疲れません。(あくまでも思ったほどなので、人が周りにいないことをいいことにヒー!山登りは疲れるねー!とある程度の声量で口に出すくらいの疲労感はあります)

 

 

そして三つ目の鳥居です。

フリーザで言うとつるんとなる前の頭の長いエイリアンみたいな形のやつと言ったところでしょうか。

こんなやつです。この頃にはこんなことを考えて気を紛らわせないと辛いくらいの疲れが出てきました。

 

そしてついに四つ目最後の鳥居です。

この鳥居だけ奥宮の文字が赤くなっていました。ドラゴンクエストでももうじき倒せるとなった時、敵の名前が赤くなるので、これも「もう少しだよ!」的な感じでしょうか?

 

もうじき!と油断したのもつかの間、更なる難所が次にありそうです。

階段はわかるのですが、クサリ場とは如何なるものでしょうか?

長く滞在すると龍穴からの強烈なパワーに並みの人間、徳もなくネガティブな人生を送っている人間であれば、そのパワーに負け体が溶け腐敗していくということでしょうか?

昨日人間失格を読んでしまったことが悔やまれます。

恐る恐る歩を進めると(正直恐れていなくても疲労により、もう歩みは老牛のごとしです)

 

先ずは階段が現れました。

写真では伝わりにくく、普通の階段に見えるかもしれませんが、相当な傾斜です。おそらく90度、ひょっとすると120度くらいあるかもしれません。こんな感じです。

僕には階段と言うよりはロッククライミングでした。

 

さぁ、その先にはあのクサリ場、人間の生き様が検分され、可否が下される清浄な地。僕は腐り溶け落ち、バブルスライムの様に緑の流体になってしまうのでしょうか?そうであればせめて、はぐれメタルという希少性の高い溶け方をしたいと思いながら到着すると・・・

 

そういうことでした。

しかしながら、先ほどの鳥居の佇まいや階段、そしてこのクサリ場。リアルゴーストオブツシマです。

わからない方は是非、ゴーストオブツシマを買ってやってみて下さい。買いたくない方は、僕の知人で貸してくれる人を知っているので3,000円で紹介します。

 

とにもかくにも、ここを越えると遂に到着奥宮!

もう最高の天気の中、最高の景色が迎えてくれました!

ご覧ください・・・と言いたいのですが、長くなりましたのでまた次回とさせて頂きます。

 

月運は何かの参考に。

 

 

一白水星

現在進行形はもちろん、既に終わっている過去の不義、秘密の交際が明るみとなりそうな予感。そして家庭内の不和から円満とは程遠い別れへと繋がるかもしれません。時すでに遅しかもしれませんが、身辺を綺麗に整える月としましょう。

と、ネガティブな一年のスタートに思えるかもしれませんが、今月の星回りは次の年の年盤(2021年2月3日~2022年2月3日)と同じ六白中宮です。

仕事への地道な努力を重ねると重ねることで2021年後半にはその努力に対しての評価がしっかりと得られる、良きにつけ悪しきにつけ、正当な評価が下される月であり、年です。

1月からの誠実なスタートダッシュで助走をつけ、2月3日の立春以降に結び付けましょう!

一白水星は、様々な困難を柔軟に対処していくところかつ頼もしさを感じ、人に頼られることも多くあります。その際は、あくまで仕事上の付き合いとし、既婚者やパートナーのいる方は、そこから決して男女の関係に溺れていかないよう身を律して下さい。

特に今月から来年の2月3日まで(倫理的には一生ですが)気をつけましょう!

時節柄、火の元の怠りなきよう。色んな意味で、ヤケドに注意の時期です。

 

二黒土星

思い通りに事が進まず、それが焦りに繋がり新たなミスを犯し・・・という悪循環に陥りがちです。

特に書類、文書はミスがないか丁寧に確認してください。

また、ミスを犯した際はいずれバレますから、隠すことなくすぐに報告して対処しましょう。敢えてミスを犯した時、部下や目下の人間に手を貸してもらうことで脆弱性をさらけ出し、人として信頼されることもありますから、この世に完璧な人間なんて存在していない事を自ら身をもって示す、その勇気が世の中を明るくしている!くらいの開き直りで大丈夫です。

くれぐれも自分のミスを他者、特に自分よりも立場が下の人間のせいにすることはご法度です。

行動に対してのポジティブな結果という歯車が嚙み合う月は必ず来ますので、今月はじっと我慢、吸収の月と捉える守りの月です。

寒い日が続きますので、寒さ対策はしっかりと。

 

三碧木星

一白、二黒とそれほど明るい話を提供できなかったので、我が本命星、三碧木星で景気づけといきたいところですが、これまたイマイチです。ヒー!

日々の地道な努力も思ったほど形にならず、報われない努力に苛立ちを覚えることもあるでしょう。

やる気は起き、努力しているのに結果が出ないどころか、人間関係のトラブルや信用問題が起きるなど、むしろ苦労が増えストレスから胃腸へ負担がかかりそうです。ストレスからくる円形脱毛症にも注意です。

そんな状況ですから、どうにかして打開し変化をつけたくなりますが、これまた大した結果も得られず路頭に終わることになりそうです。

それでも変化を求めるのであれば、人の意見に身を傾け慎重に身をゆだね、他力にすがる方が良い結果が得られそうです。

悲観したくなる運気ですが、いずれ回復しますし、何より山坂あるのが人生です。このような所謂低迷期は様々な事が身体に沁みてくる時期ですので、如何にこの期間を過ごすかが次の盛運気のクオリティに繋がってきますので、様々な経験を楽しみましょう・・・と言っても楽しめない事も起きるかもしれないので、ただ経験をこなしていきましょう。

 

四緑木星

意欲が湧くことで仕事も捗り、またしっかりとした評価も得られる幸運期!ではあるのですが、勢いが付き過ぎ猪突猛進、他者との軋轢が生まれるかもしれません。

運気を最大限に使うというイメージよりは、運気を温め育んでいるという謙虚な気持ちを心掛けましょう。

また、好事魔多し、何事も勢いが付いている時には火種が再燃したり、或いは以前罹っていた病に再び悩まされるかもしれないので、しっかりと自己観察をして着実な歩の進め方をしましょう。

今年はコロナウイルスの状況で少ないかもしれませんが、新年会等での暴飲による肝臓への負担も気に掛けて下さい。

何かと条件付きではありますが、幸運期ではありますので慎重に運気をハンドリングして楽しみましょう。

あっ!久しぶりに再会した知人からお金の無心やお金にまつわる相談事がもしあれば、今月は耳を貸さないで下さい。(ただし、それが僕であれば耳を貸して下さい、最悪耳は貸さなくていいのでお金を貸して下さい。)

 

五黄土星

運気が充実し自然とやる気も湧いてきて、それが結果に結びつき更なるやる気に繋がっていきます。

良き取引や良き情報にも恵まれ、今後に繋がる資本的喜びも得られるかもしれません。

また、恋愛運も好調ですから、遠距離恋愛の方は良き整い方をすると思いますので、そろそろ答えを出すべき月です。

フリーの方は、誰かに紹介された異性は良きパートナーになると思います。

今月は生来備わっているリーダーシップ、押しの強さがそのまま良き結果に繋がりそうですから、横暴にならないよう慎みながらではありますが、行動の一カ月、2021年のスタートダッシュと参りましょう。

そんな充実した運気を更に高めるため、例えば1月30日、感染対策をしっかりと講じた上、ご自宅から北の方角へ仕事運、財運アップの旅はいかがでしょうか。

 

六白金星

先月の好調運の余勢をかって更なる発展!展開!といきたいところですが、新しいことへのチャレンジは控えましょう。

大事を成せるような勢いがあるのでチャレンジしてみたくなりますが、感覚としては思った程の成果が得られずスッキリしません。しかしながら、気軽なレジャーや食事等で喜びが得られそうですから、知足の精神で今整っている幸せを存分に感じましょう。

大きな買い物をしたくなったり身の丈以上の感覚に陥りがちですから、今一度冷静に自分の現時点のポテンシャルをしっかりと見極め、現状に感謝しつつ、身の丈に合った幸せを引き寄せて足元を固めていきましょう。

決して運気は悪くありませんが、今以上のものを求めて満たされず運気を濁さないようにしたいです。

今月の歯の違和感は、早めに歯医者さんに行きましょう。

 

七赤金星

新年早々新たな仕事や環境の変化に対する選択をする機会があるかもしれませんが、目先の欲にとらわれず慎重に吟味して答えを出しましょう。

その際、先輩や上司からの意見は受け入れがたいものもあるかもしれませんが、謙虚に耳を傾けることで不安定な運気を整えられると思います。当たり前ですが、今月は特に口答えは慎みましょう。

また、今までギャンブルをやったことのない方がちょっとやってみたくなったり、あるいはギャンブル好きの方が何か勝てそう!というギャンブル、投機に関するポジティブな直感は、今月は全て幻想です。質素、倹約を心掛けましょう。

北国の方は特に路面状況が悪いので、車の運転、事故には十分注意しましょう。今月だけでなく、七赤の方は来年の2月3日まで車のトラブルには気をつけて下さい。ちょっとした事故でも身体に変化が無いか自己判断はせず、必ず医師の診断を受けて下さい。

 

八白土星

昨今の状況からイマイチピンと来ないかもしれませんが、賑やかな集まりに縁のある月です。

生来それほどそういった場所が得意でない方も、今月は不思議と楽しく過ごすことが出来そうです。また、そこでの素敵な人や食との出会いに大いに喜びをもらえます。思い切って新しい自分の発見!と見た目の雰囲気を変える事(髪型であったり服装であったり)イメージチェンジも上手くいくので、まさに新年という言葉がピッタリの幕開けが出来そうです。

もちろん、それに合わせての出費もかさみそうですが、有意義なお金の使い方と満足出来ます。ひょっとすると予定外の臨時収入なんていうのも期待出来る月です。

そんな月ですから、間違いなく仕事が疎かになるのでうまく両立を心掛け、また楽しみ過ぎて後にドッと疲れが来ることもありますので、自身の疲労度もしっかりと把握しましょう。

 

九紫火星

環境の変化に晒され疲弊するかもしれません。

またその変化に対応するモチベーションも湧かずに自分を責めて、メンタルがダメージを受けてしまうかもしれないので、もう今月はそんな月であると開き直りましょう。

そんなモチベーションの月ではありますが、意外と出会いの運はあるので、どうせダメだろう、もっとテンションの高い時、ノッている時にアプローチをと考えている方は思いっ切ってぶつかることで良い結果が得られるかもしれません。

ただしあくまでも、先ずは自身の身体をしっかりとケアすることが大事ですので、先ほどのメンタルケア、そして冷えからくる関節痛、腰痛なども気をつけましょう。

あまりモチベーションが上がらないので、無理してお金を使う事も無い貯蓄できる月ではあります。

かみさんです。

新しい年となり、早くも半月が経とうとしていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ブログに毎月の運気を載せるという義務を自ら課したので、きっと毎月一度は更新されるはずですので、楽しみにお待ち頂ければと思います( *´艸`)

本年も当ホームページもよろしくお願いいたします。