立春、明けましておめでとうございます。

立春を迎え、みなさま新年いかがお過ごしでしょうか。

良き日を選び吉方参りに日々精を出しているようへいです。

 

昨年の今頃はコロナの暗雲が迫っている気配はありましたが、まだ世界がこれほどの状況ではなく、各地往来も現在ほど気にせずに旅が出来ていたので、源頼朝の墓参りや初の寒川神社参拝等で運気を上げていました。

丁度これが一年前のこととは思えません。ロード8章前くらいの感じです。

今年は辛丑、この年干支から察すると、正直まだまだ経済的に厳しい一年となりそうです。

しかしながら変化の種は着実に芽吹こうとしている天地の気ではありますし、何より世の中は西洋占星術の観点からは昨年末、土から風にエレメントが変わり、風の時代に。

そして、気学の観点からも三元九運変化八白の時代の終盤と、確実に何かが変わる節目であることは間違いありません。

昨今多くがコロナウィルスによるネガティブなきっかけではありましたが、生活様式の変化、ビジネス環境の変化、わずか数年前と比べても隔世の感を覚えずにはいられないのは、まさに変化時代、時期であることを如実に表しています。

辛抱の限界もとうに過ぎて、奥の手の気力の予備タンクすら枯渇させるこの状況において、変化とは下降する事とイコールで結ばれてしょうがないところですが、過去の人類も大変化の時代を迎えた先は、変化の激流による傷を癒しながらの向上の道を歩んできました。

世の中占術の面からもあと一歩のところまで運勢は来ていますので、私自身も何とか踏ん張りたいところです。

 

さて、そんな時代を乗り切るべく吉方大開運の願いを込めて昨年晩秋行って来ました、二度目の寒川神社、そして遂にご縁が出来た埼玉県三峯神社と関東パワースポット巡りの続編です。

前回は龍穴が点在する山中にある三峯神社奥宮到達直前まで書いておりましたので、いよいよ奥宮到着からとなります。

前回のブログで書きましたが、最高の天気に恵まれての登山道中、もちろん山頂も最高の青空のもとお社が迎えてくれました。

 

僕が到着してからしばらくは登山者、参拝者がいないという奇跡の奥宮独り占めの状態だったのですが、この世界から音が消えてしまったかの様な完全なる静寂が身を包み、不思議な感覚に浸ることが出来ました。登山の疲労による僕の荒い呼吸が、場を穢してしまう不敬に思えてしまうほどの森閑とした雰囲気は人生で初めてかもしれません。

 

そもそも参拝者が途絶えることのない三峯神社の奥宮にあって、これは二度と体験出来ないことだと思います。

以前のブログで戸隠神社に行った際、杉並木にかみさんと僕しかいないという奇跡のタイミングがあったのですが、

こういった奇跡的な参拝運は生来備わっているようです。

この運が少しでも競… 危うく不敬な発言をするところでした。

 

しばらくこの雰囲気に包まれて、聖域と心身が溶け合って同化しているような感覚になった頃(これは本当にそう感じました。心身が同化したのであって、僕の頭がどうかしたわけではありません)参拝者の方がやって来ました。

東京在住のクッキーさんという方で、互いに神社好きであることがわかり、奥宮の前でしばし神社、パワースポットトークを楽しみました。僕が前日にお参りした寒川神社には、毎月参拝に行っているという何とも羨ましい方だったので、負けじと北海道のパワースポット自慢をしてしまい、マウントでマウントを取ったことを後悔しております。

クッキーさんからは素晴らしい絶景神社の話も聞けて、これはいつの日か必ず行ってご報告したいと思います。

クッキーさんに撮ってもらった写真です。写っているのは神様ではなく僕です。

 

別れを惜しみつつクッキーさんと山頂で別れ下山。その後三峯神社の本殿に参拝に向かいました。

非常に珍しい三ッ鳥居

そしてその傍らには狛犬ではなく、三峯神社を創建した日本武尊の道案内をしたオオカミが鎮座しています。

 

隋身門をくぐり

 

本殿で参拝

 

本殿向かって左手には、この奇跡を拝みにという方も多い石畳の龍神様があります。

2012年辰年に突如この石畳に浮き出たというものですが、やはりみなさん写真を撮っていました。僕もその一人です。

ちなみにこの写真を待ち受け画面にすると運気が上がるなんて話もありますので、この写真が欲しい方はお会いした際に言ってくだされば、五千… 危うく不敬な発言をするところでした。僕の前世はひょっとすると女性で警察官だったのかもしれません。

 

そして今回の旅の大きな目的の一つ、御眷属拝借のご祈祷をお願いしました。

この神社の祭神でもある大口真神(おおくちのまかみ)いわゆるお犬様オオカミ様を一年間拝借し、お守りいただくというものですが、一年お借りするということは、もちろんお返ししなくてはいけません。一年以内に再びご登拝してお返しするか、それが無理であれば郵送でお返しすることも可能なのですが、今度はかみさんを連れて再び今秋訪れようと思っています。そしてかみさんにもリアルゴーストオブツシマ、奥宮までのクサリ場や120度ほどの階段を体験させようと思います。(この難所につきましては、是非前回のブログをご覧ください)

 

ちなみに登山が難しい方は本殿の近くに遥拝所もありますので、そこから奥宮への参拝も可能です。

遥拝所からの眺めです。正面やや右手、少し出っ張っているところが妙法ヶ岳、先ほど登った奥宮のある場所です。

 

まだまだこの旅は続いているのですが、次回ようへい出世するのか?の巻きでお届けします。

 

一白水星

モチベーションが上がらず、どんよりとした1ヶ月となるかのしれません。

そしてそんなあなたの憂愁な雰囲気に惹かれた異性との出会いがあるかもしれませんが、相手は通常運転とは違うあなたに惹かれてかつ、あなたもイマイチな運気の中で射した一条の光とすがりたくなると思いますが、関係性を進展させるのであれば、慎重に互いの相性、本質を見極めることが肝心です。

粘り強さで仕事は地道にこなすと思いますが、こなした量と評価、成果が結びつかずストレスをおぼえるかもしれませんので、あまり結果を求めず淡々とこなしましょう。

健康面ではやはり冷えからくるものに注意が必要ですから、年配の一白水星の方は特にヒートショック現象に気を付け、各部屋の温度は暖かく一定に保ちましょう。

あと、モチベーションが上がらず部屋が散らかりがちになりますので、良き運気は清潔清浄な場所に訪れますから、今月は気持ちの良い部屋をモットーに掃除を頑張りましょう。

ただ知的好奇心は湧く月かもしれないので、低迷期こそ沁みてくる知識もありますから、その探求心は積極的に活用し学びの月にもしてください。

応援したくなる運気だったので長くなってしまいました。

 

二黒土星

来月は良き1ヶ月になります!・・・ということで、今月はもう少し辛抱しましょう。

本来堅実さがウリの星ですが、今月は何事も慌てて事がまとまらない可能性が高いので、慎重に慎重を重ね、石橋を叩いて大丈夫だと思ってもライフジャケットを着用して渡るくらいの慎重さで過ごしましょう。

仕事に関しては、言った言わないとの問題が起きないようしっかり文書、メールなど後に確認できる方法で互いの認識を記しておきましょう。

短気になりがちでもあるので、先月まで順調にいっていた契約や縁談諸々の計画が崩れてしまわぬようグッと堪え、生来の実直さを出して来月まで辿り着きましょう。

家庭内の諍いも自分に非が無く思うところがあってもグッと堪えるべき月です。

一度失った信用は取り戻せない!をモットーとした忍従の1ヶ月!是非お楽しみ下さい!

楽しめないかもしれませんが、これからの運気のエネルギーチャージ、家族サービスでもして陰徳を積みましょう!

 

三碧木星

やっとこ来ました!我が三碧木星の好運月!三碧のみなさん、ここまで生きて辿り着けたでしょうか?

とここから明るい話をしていきたいのですが、今月は砂漠で見つけたオアシス月と思って下さい。つまり来月からはまた、目的地に向けた砂漠の旅が数ヶ月始まります。

とは言っても毎度の話ですが、低迷運こそ人生の醍醐味。その間何を吸収し蓄え、好運期をより充実したものにするかの大切な時期ですので、お互いどんな学びが出来るか楽しみにしましょう。

また低迷運勢でも吉方位をついたり、日々の向き合い方で何とでもなりますから恐れるには及びません。

さてホッと一息の今月ですが、公私共に充実となる方が多いでしょう。物事がまとまりやすいので仕事も順調、プライベートも好調!と順風でスムーズに運ばれると思います。

相手のいる方は進展しやすいですし、フリーの方は良縁にも恵まれます。

ただ運気の強さから積極性が出過ぎて尊大傲慢、自己中心的な物言いや行動にならぬよう気をつけましょう。

先ほど言ったように今月はオアシス月です。オアシスから旅立つ来月が孤独な旅になっている可能性もありますので、そもそも運気の良さは才能ではなく恩寵なのですから、謙虚に楽しんで旅支度を整えましょう。

旅と言えば、遠方の出張やお出掛けの用事が出来るかもしれません、その際は旅先でお近くに神社があれば参拝して、人気のお蕎麦屋さんで蕎麦を食べるのがオススメです。

 

四緑木星

順風好調な1ヶ月を過ごせそうです。

仕事も万事順調結果が得られ、それがまた気力充実につながり、更なる成果と好循環です。

ただ仕事ばかりに気を取られ、プライベートの付き合い関係性が疎かにならないよう、あとは暫くほっておいた案件がないかを今一度チェックして、せっかくの好調期を過去の出来事の対応でつまらないものにしてしまわぬよう、前だけではなく、後方の安全確認もしっかりと!

異性運も良き月となりますので、今月の出会いに期待。またパートナーのいる方は結果を出す月かもしれません。ただその際も過去の関係が続いている相手はいないか、あるいは過去の清算が済んでいない相手はいないか、身辺を整える月でもあります。ですからやはり大型バックモニターを搭載した気持ちで好調期を生かしましょう。

旅行も大変お勧めの月ですので、立春も過ぎましたからあきの方(恵方)南南東に遠出をして、その土地の神社かパワースポットに行くと更なる運気アップに繋がります。ただし、感染対策はしっかりと。全ての方に言えることですが、四緑木星の方は特に今月コロナ対策はしっかりとしてください。

なんにしましても、今年の運気の良さを象徴するような良き1ヶ月です。

 

五黄土星

中宮月、さてどっちに転ぶか?といったまさに五黄土星の人生そのものの様な1ヶ月です。

けっして悪い月とも言えませんが、ここで新味を出して勝負というよりは今までに培ってきた能力を使い、繁忙極める中、地道にこなしていく方がオススメです。

対人関係ではリーダーシップ能力を、包み込む様な優しさとして使い、強腕で引っ張っていく様な付き合いは控えるべき1ヶ月です。

仕事やプライベートが慌ただしく充実しているようでいて何か満たされない、吉凶伯仲の運気がそのまま心身に反映され、情緒不安定な思いをするかもしれませんが、そもそも溢れ出るパワーをうまく使いこなしここまで生きてきた星ですので、力の注ぐ場所をしっかりと見極め、突きつめると動機が「欲」という行動は脇に置いておきましょう。(ただ人の営みは全て欲がベースとなっているので、欲の清濁その取捨選択は難しいですが、投機的な人生を控えるというのがヒントかもしれません)

今月はそんなムズムズした雰囲気を脱するには運動がオススメです。近くを散歩するもよし、ウインタースポーツをするもよし、剣淵町のビバアルパカ牧場でエアボードをするもよし、とにかく体を動かしましょう!

 

六白金星

上司、先輩のサポートを受け、仕事は順調。また人との出会いにも恵まれているので、今後支えてくれる年長者にも出会えるかもしれません。

時節柄、機会があまりなく残念ですが、目上の方からの食事の誘いを受け、その会食が非常に発展性を伴ったものになる月です。あるいは自分が後輩を食事に誘い、関係性を深められる月でもあります。

そういった意味では支出も多いのですが、人生の投資に繋がる使い方ができます。

ただ、仕事が充実している月は、恋人やプライベートでの距離が近い方へのケアがなおざりになるので、それを指摘された場合は素直に認め、口論は慎みましょう。

ギャンブル好きの方は、いつにも増して勝負したくなるかもしれませんが、星回りがそうさせているんだと一度冷静になって改めて使い方を検討して下さい。

また、車のスピードの出し過ぎは充分に注意して下さい。万が一事故を起こした場合、手術を必要とする大怪我になる心配があります。

 

七赤金星

「公」「私」で言うと「私」が充実の1ヶ月となりそうです。

楽しい場や出会い(人という意味だけでなく、新たな趣味、レジャーなど)に恵まれる、生来の人生を楽しむという星を存分に堪能できそうです。

そうなるとやはり心配なのは仕事面。プライベートが充実して仕事が疎かになる月でもあるので、ミスが無いか丁寧にこなしましょう。でも僕は正直こういった月は、存分に楽しむべきだと思います。楽しさで浮足立ち、仕事でミスもあるかと思いますがそのことを引きずらず、今の自分の恵まれた運気の環境を存分に堪能して下さい。なぜなら僕たちは仕事のために生きているのではなく、人生を楽しむために仕事をしているので、他で充実している時は仕事のミスに対してマイナスな感情でブレーキをかけることはとてもムダな行為です。反省はしつつ・・・と月並みなことを言いそうですが、もうそんなこともせず、思い切り楽しんで下さい。

そうなるともし失敗した場合、その尻ぬぐいは来月以降に持ち越しとなるわけですが、今月を楽しめたことは必ず人生の厚みになります。人はたまには蟻ではなく、キリギリスにもなるべきです。

そうは言っても今月特に何もなく楽しめなかったなぁとなりそうな方は、何度でもこういった月は訪れます。今生の別れとなる運気ではないので、そう焦らずとも大丈夫です。

「あなたが楽しんでも仕事を失敗すると、みんなに迷惑がかかるのよ!」とぐうの音も出ないお行儀の良いお言葉をくださる方がいるかもしれませんが、大丈夫です。みなさんはご自身が思っている以上に人生と誠実に向き合っていますから、気に病むことはありません。楽しむ月は楽しむべきです!

 

八白土星

環境、心境の変化でやや疲れがちな1ヶ月かもしれません。

職場の移動やプライベートでの変化(人間関係等)に心身が振り回されますので、体はもちろんですが、メンタル面でのケアは怠らないよう自らを支えて下さい。

ただ良くも悪くも変化の月ですから、イマイチな日を送ってきた方は思い切って環境を変えたり、或いは変えなくても勝手に環境が変わって、そのことが更なる負担と感じるかもしれませんが、それは風通しが良くなるチャンスと思ってしっかり正対しましょう。

人間はどんな環境であれ、変化が苦手な生物です。特に不動の星、八白土星は変化宮の艮宮にいながらも腰が重い星ですから、変化に不安や緊張を抱くと思いますが、日々変化してきたことが今の成長に繋がっているので、人間の厚みが更に増す貴重な1ヶ月です。

 

九紫火星

生来の知的センスが更に磨かれる月になりますので、インスピレーションで気になったことは積極的に探究することで、今後の人生の厚みに繋がっていきます。

またひらめきが仕事に生かしやすい月ではありますが、そのひらめきアイディアの実行を先送りにすると、気持ちの高ぶりも冷め、せっかくの良質のアイディアも形にならないので、思い立ったが吉日の精神で先ずは行動してみましょう。

そんな行動を後押しするような周りからの評価も得られ、モチベーションが上がる月でもあります。

ただプライベートではパートナーとの関係性を見つめなおす出来事が起きるかもしれませんので、その際は明晰さがより増している月なのでしっかりと向き合い、今後の道筋を立てましょう。

そして今月はパソコンやスマートフォンとにらめっこして思索にふけるというよりは、目を休めて黙想することがオススメです。

かみさんです。

ブログ更新お待たせいたしましたm(__)m

本来であれば昨日公開の予定だったのですが(そのため投稿日が12日になっております)下書き原稿の解読に時間がかかり、本日13日になってしまいました( ;∀;)

こちらが原稿の一部です・・・。

わからないところを聞いてみると「なんだ??」と、ようへい本人も読めない始末です。

次からはもう少し読みやすくお願いしたいです(^-^;